スクリーントーンハウス(Distance of Fog)

スクリーントーンハウス(Distance of Fog) + monogocoro

パンチングメタルが重なり合うことで、空間の透明度を計算ずくで構築した霞空間。

スクリーントーンハウス(Distance of Fog) + monogocoro

スクリーントーンハウス(Distance of Fog) + monogocoro

スクリーントーンハウス(Distance of Fog) + monogocoro

スクリーントーンハウス(Distance of Fog) + monogocoro

スクリーントーンハウス(Distance of Fog) + monogocoro

スクリーントーンハウス(Distance of Fog) + monogocoro

距離が離れる程、薄くぼやけて霞むことで距離感を生み出す空気遠近法を、クルリンパと日常空間に持ち込んでるイメージ。空間が見えない。
穴の大きさが絶妙で、離れると古風な障子的表現ツールになるかと思うと、近いとリキテンシュタインやドット絵的な2Dグラフィカルな表現ツールにもなる面白さが隠れています。
昼と夜の表現力の違いをみると、新しい障子だと思う。これはいいな〜。

シンプルなアイデアは強い

Special Thanks!!!: Judit Bellostes
Original: StudioGreenBlue:鴻巣市の家「Distance of Fog」(no info)